OPEN CLOSE
トクホンAROMA

プロに教わる簡単ストレッチも!
つらい肩こり・腰痛の予防&セルフケア法とは

季節の変わり目に、不調を感じている人も多いはず。今回は、2021年3月6日(土)に開催された肩こりや腰痛予防のセルフケア方法を学ぶオンラインレッスンの体験レポートをお届け。レッスンでは日本トップシェアのストレッチ専門店「Dr.stretch」のトレーナーから、自宅でもできるストレッチを学んだほか、アロマ香る湿布の紹介も。ぜひ試してみて。

肩こりや腰痛に悩む人が半数以上!
自分でできる解消法は?

オズモール読者に「今のみんなのカラダやココロの悩みは?」をテーマに事前アンケートを行ったところ、半数以上が肩こりや腰痛に悩まされているという結果に。特に最近は、リモートワークで机に向かう時間が増えたことで、以前よりも辛い症状を抱えている人も多いよう。そこで今回は、ストレッチ専門店「Dr.stretch」の人気トレーナー・田吹優佳さんが、自宅でも手軽にできるストレッチをレクチャー。

肩こりを感じるときに行う人も多い肩回しは、肩を大きく回すことがポイントだそう。
「両肩に手を乗せた状態で肘を寄せ、耳の横を通るように真上まで上げ、肩甲骨をぐるりと大きく回してみてください。ゴリゴリと音が鳴っても、痛みがなければ大丈夫です!」

また、寝る前や朝、少し体が温まった状態でおすすめなのが胸椎の周りのストレッチ。
「まず、よつんばいになって手と足を肩幅に開きます。このとき、腰と床が平行になるように意識してください。左手を右手と右足の間に入れて、手のひらを天井に向け、背中をのばします。もう少し頑張れそうだったら、息を吐きながら体をゆっくり左に倒してみましょう。反対側も同様に行います」

プロが伝授するセルフストレッチを習慣に!

腰痛に効果的なストレッチとして紹介されたのが、お尻のストレッチ。
「床に座って両足を伸ばし、左足を曲げて右足の膝に乗せます。右足のかかとをお尻に引き寄せ、体をひねるようにして左足の裏を地面につけます。このとき、お尻と背中の筋肉が伸びているのを意識してみてください。反対側も同様に行います」

背中の大きな筋肉である広背筋を伸ばすストレッチも腰痛に有効だそう。
「座って両足を開き、左足を曲げ、右手を左ひざに置いた状態で体を斜め前に倒します。反対側も同様に。このとき大切なのは、体を前に倒すときに少し背中を丸めること。倒す角度を変えながら、自分がいちばん気持ちいいと感じる場所を探してみてください」

すべてのストレッチに共通しているのは、ゆっくり呼吸をしながら、無理のない範囲で行うこと。また、手足の指をほぐすだけでも肩こり、腰痛に有効とのことなので、ぜひ取り入れてみて。