OPEN CLOSE
RAIZINRAIZIN

狭間にいる自分たちの世代は
今何ができるのか

2002年の結成以降、ジャズを基軸に、ポップスやロックなどさまざまな音楽を紡いできたJiLL-Decoy association。3人が最新アルバム『ジルデコ9〜GENERATE THE TIMES〜』で掲げたテーマは、「ジェネレーション」(世代)だ。

ラグジュアリーなサウンドに「街の夜景と綺麗な星空が共存する世界を次の世代に渡したい」という願いを込めた「Starlight Generation」や、「“古き良きもの”とか“古き悪しきもの”という話をしていたら花魁の時代にまで歌詞が発展していった」というレトロな雰囲気漂う「日々は煙」、さらには「90年代に青春時代を過ごした僕らの世代にとって、この曲はスタンダードナンバー」と語るオリジナルラブの「接吻」のカヴァーなど、見事なまでに全収録曲が掲げたテーマとリンクしたものになっている。

なかでも「switch」は、尚美ミュージックカレッジの生徒たちによるビッグバンドと、ケーナ奏者としての顔も持つ俳優の田中 健が参加。結果、3世代が共に音を奏でる形となったのだが、この曲の生まれた経緯がかなりユニークだった。

−−towada:

「頑張らなきゃいけないときに、自分に鞭を打つような方法もあるけど、一度リセットするというか、ニュートラルな状態に気持ちを切り替えてから次に進む方法もあるよねという話をしていて、それがいつも夜中に作業しているときや、気分転換したいときに飲んでいる(スマートドリンクの)RAIZINと重なったんですよね。それで、もしRAIZINに人格があったら、どんなことを言うんだろうとか、いろんな話をしていて」

−−chihiRo:

「そこから“切り替え(=switch)”がこの曲のキーワードになって。不安でなかなか眠れない夜に“よし、明日も頑張ろう!”ではなく、“大丈夫だよ、視点を変えたらうまくいくと思うよ”っていうメッセージを書いていきました」

−−kubota:

「RAIZINの現代的でミニマルな感じのパッケージをどう音に落とし込むのか、もやもやした感じからどうスッキリとした流れにしていくのかとか。いろいろと試行錯誤してましたね」

「ジェネレーション」というテーマを掲げたのは、今ジルデコが置かれている立ち位置が発端になったそうだ。自分たちが多くのものを受け取ってきた上の世代と、瑞々しい感覚でジャズの世界を切り拓いている下の世代、その狭間にいる自分たちは、果たして何ができるのか。そして、自分たちが次の世代に伝えたいものは何なのか。アルバムにはその答えが詰まっている。

−−chihiRo:

「自分が子どものころって、大人って楽しそうだなと思っていたんですよね。だけど、このあいだ、高校生になった姪っ子が、自分の未来について“大人が大変そうだから、なんかちょっと不安”って話していて。私たちの雰囲気が子どもたちの未来のイメージにつながるのであれば、未来がワクワクするような空気を作るのは、私たち大人の役目だなと思っています」

撮影/武井優美 文/山口哲生

アーティストJiLL-Decoy association

2002年結成。chihiRo(Vo) kubota(G) towada(Ds)の三人が生み出す、ジャズ/ポップス/ロックをベースにしたオリジナリティあふれる楽曲は高い演奏力によりライブ毎に進化していき、さらに、等身大の愛に満ちあふれた歌が多くのファンを増やしている。

Memberその他のアンバサダー

  • aoiro

    ボーカルグループ

    aoiro

    織田智朗、オノシュンヤ、松浦航大の3名による、『聴く人の心を晴れにする』をテーマに全員がリードボーカルを努めるボーカルグループ

  • 安東 和之

    スーパーハンコアーティスト

    安東 和之

    無数の押印で絵を描くスーパーハンコアートアーティスト

  • 鬼頭明里

    声優

    鬼頭明里

    2020年、最も勢いのある若手女性声優。

  • クレイ勇輝

    ミュージシャン

    クレイ勇輝

    元キマグレン。OTODAMA SEA STUDIO 総合プロデューサー

  • JiLL-Decoy association

    アーティスト

    JiLL-Decoy association

    JAZZ / POPS など幅広いジャンルを超え、心揺さぶるオリジナルボーカルサウンドを展開。

  • 髙田 茉莉亜

    日本馬術連盟アンバサダーライダー

    髙田 茉莉亜

    ドイツを拠点に 愛馬とともに"人馬一体"となり高みを目指す!

  • 西村 晃一

    プロビーチバレーボール選手

    西村 晃一

    日本ビーチバレーボール界のレジェンド

  • ホリエアツシ

    ミュージシャン

    ホリエアツシ

    ストレイテナーを牽引するフロントマン

  • 堀米 雄斗

    スケートボーダー

    堀米 雄斗

    日本人で初めて世界最高峰のストリートリーグを制覇した若き天才スケートボーダー。

  • 村松 拓

    ミュージシャン

    村松 拓

    バンド「Nothing's Carved In Stone」のギター&ボーカル

  • メロチン

    踊り手

    めろちん

    From Japan。世界を席巻する踊り手

  • リュウジ

    料理研究家

    リュウジ

    SNSを中心に発信する「簡単・爆速レシピ」が爆発的な人気の料理研究家

ランドを歴任するブランド・アンバサダー