OPEN CLOSE

ドクターが答える生活習慣病
脂質異常症について

脂質異常症について

見過ごされがちな、
脂質異常症 (高脂血症)

近年、日本人に増えている生活習慣病のひとつです。
脂質異常症(高脂血症)は、血液中の脂質が異常に増えた状態のことを言います。コレステロールや中性脂肪の数値が高いまま放置すると、動脈硬化を引き起こし、生命にかかわる病気の原因となる危険性があります。
日本人の食生活が変化し、動物性脂肪の摂取量が増えたため、近年、脂質異常症患者が急増しており、その数は中高年の半数以上にのぼります。しかし血圧には関心が高くても、コレステロールや中性脂肪の数値は把握していないという人が多く、脂質異常症への認知度は低いのが現状です。

高いコレステロール値が引き起こす悪影響とは?

動脈硬化が進み、放置すると脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。
脳や心臓など太い動脈で、コレステロール値が高いと起きる動脈硬化を、「粥状(じゅくじょう)動脈硬化(アテローム硬化)」と言います。血管内膜にコレステロールが沈着した泡沫(ほうまつ)細胞が集まると、ドロドロしたおかゆのような塊(アテローム)ができます。アテロームがどんどんたまって血管の内壁が盛り上がると、血液が通る隙間が狭くなります。さらにカルシウムがたまって石灰化することで、血管の弾力性が失われ、もろく破れやすい状態に。
また血管内膜を傷つける高血圧や喫煙、糖尿病・肥満・ストレスなども、粥状動脈硬化を促進する原因となります。

【粥状動脈硬化が引き起こす病気】

脳梗塞
血栓によって脳の血管が詰まって起きる。脳にできた血栓による「脳血栓」と、脳以外の場所にできた血栓が脳に運ばれて起きる「脳塞栓」がある。
狭心症
心臓をとりまく冠動脈が狭くなり、心筋への血流が妨げられる。
心筋梗塞
冠動脈がふさがり血液が流れなくなって、一部の心筋が壊死する。
大動脈瘤
心臓から全身に血液を送る大動脈の壁が動脈硬化により弱くなり、コブ状に膨れ上がる。コブが大きくなりすぎると破裂する場合もある。
腎動脈硬化症
腎臓の動脈が詰まり、尿として老廃物を体の外に排出する機能が落ちる。腎不全や高血圧の急激な悪化をまねくこともある。
閉塞性動脈硬化症
手足の抹消動脈が狭くなることで血行を妨げる。手足のしびれ・冷えの他、強い痛みを感じるようになることもある。

食事から摂取したコレステロールの行方

全身をめぐり、肝臓などに取り込まれます。
食事から摂取した脂肪やコレステロールは、血液に溶けません。タンパク質やリン脂質が小腸に取り込まれて「リポタンパク」に変化することで、血流に乗って全身への運搬が可能になります。リポタンパクは、カイロミクロン・HDL・LDL・VLDLに大別され、それぞれ中性脂肪・コレステロール・タンパクなどの構成が異なります。
中性脂肪が多い「カイロミクロン」、コレステロールの少ない「HDL」は小腸で合成され、全身をめぐります。
中性脂肪とコレステロールを含む「VLDL」は肝臓で合成され、エネルギーが必要な筋肉や脂肪組織に中性脂肪を渡すと、LDLに変化します。「LDL」は全身をめぐりながら、各組織にコレステロールを届けます。
「コレステロールは悪いもの」と認識されがちですが、人間の体になくてはならない役割を担っています。肌や髪をなめらかにしたり、各組織の細胞膜やステロイドホルモンの消化吸収を助けます。肝臓に運ばれたコレステロールの一部は、胆汁酸となって小腸に排泄され、脂肪の消化・吸収を促進します。そしてほとんどの胆汁酸は肝臓に戻って再利用され、一部は便として排泄されていきます。

コレステロール値を下げる食品とは?

バランスのよい食事を目指しつつ、食物繊維や大豆タンパクを積極的に摂取しましょう。
できるだけ多種の食品を毎日少量ずつ摂ることで、5大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく摂取することが、コレステロール値を正常に保つコツです。そのうえで、食物繊維や豆類など、コレステロールを下げる食材を積極的に摂るよう心がけましょう。

食物繊維
1日25~30グラムの摂取が効果的です。目安は、野菜350グラム以上、果物200グラム、いも類100グラム程度。さらに穀物、海藻などもしっかり摂るようにしましょう。食物繊維にはコレステロール値を低下させ、糖質の急な吸収を抑える効果があります。
豆類や大豆製品
大豆タンパクがLDLコレステロール値を低下させます。
緑黄色野菜
食物繊維が摂取できるだけでなく、抗酸化作用のあるβ-カロテン、ビタミンC・E がたっぷり含まれ、動脈硬化の予防にも効果的です。