がまんしない、つらくない!
「ベジファースト」で太りにくい身体づくり

がまんしない、つらくない!「ベジファースト」で太りにくい身体づくり

まとめ

  1. ・食べる順番を変えたら、身体も変わる。つらくないから続けられる
  2. ・糖質の吸収をコントロールするって、どういうこと?
  3. ・食べる時間も意識して、早速今日から実践!

「ベジタブルファースト」という言葉を耳にしたことはありますよね。最初に野菜を食べるだけ、いつもの食事の内容を変えなくても、手軽にダイエットできるというものです。でも、野菜の次はどうしたらいいの?野菜なら何でもいいの?と、疑問に思っている人もいるかもしれません。実際のところ、野菜から食べると何がよいのでしょうか。

シンプル、かんたん、ベジファースト!

「ベジファースト」は、その名の通り野菜(ベジ)を最初(ファースト)に食べるというダイエット法。
食物繊維豊富な野菜→タンパク質の摂れる肉や魚、大豆製品など→最後にご飯の順番で食べます。

野菜=サラダではありません。おひたしやみそ汁、スープなども野菜に含まれます。キノコや海藻なども、食物繊維が豊富なので最初に食べるものに分類されます。
次に食べるのはタンパク質のおかず、豆腐など植物性のもの、それから動物性のものを食べます。最後に食べるのが、ご飯や麺類など糖質の多いものです。ご飯はしっかりとよく噛んで食べましょう。噛み応えのある雑穀などを混ぜれば、満足感も増します。おなかが満足したら「ごちそうさま」です。

シンプル、かんたん、ベジファースト!

最初に食物繊維を摂って、糖質の吸収をコントロール

最初に食物繊維を摂って、糖質の吸収をコントロール

食べる順番には、「脂肪のためこみを防ぐ」という、重要な意味があります。最初に食べる野菜やキノコ類に含まれる食物繊維には、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。血糖値が急激に上昇すると、身体はインスリンを大量に分泌して、血糖値を下げようとします。インスリンが脂肪の合成も促進し、調整しきれずに余った血糖(ブドウ糖)は脂肪として蓄えられ、その結果太ってしまうのです。

糖質の多い根菜やイモ類はタンパク質のおかずの後に
野菜なら何でもОKではありません。大根やレンコンなどの根菜や、コーン、かぼちゃ、イモ類などは糖質が多いので後に。砂糖で甘く味付けされている野菜のおかずも後にします。

食べる時間も意識してかしこくダイエット

太る原因のひとつに早食いが挙げられます。早食いの人は往々にして、噛まないでも食べられるものを食べる傾向があるようです。食物繊維の多い野菜やキノコ類はよく噛んで食べるので、満腹感も得やすいものです。
血糖値の急上昇を抑えるには、野菜を先に食べるのがポイント。野菜、タンパク質おかずの順にゆっくりと食事を楽しみ、最後にご飯を、こちらもよく噛んで食べるのが太りにくい身体づくりの第1歩と言えます。

他にもいいこと「ベジファースト」

糖の吸収を抑えることがダイエットにつながることは上の通りですが、高い血糖値は、糖尿病など生活習慣病のリスクを高めます。また、余分に摂取した糖は、身体の糖化(老化)を進めるとも言われます。

カロリーを減らすだけのダイエットでは、必要な栄養素も不足しがち。また代謝も下がってしまうので、リバウンドしやすくなります。好きなものを我慢するダイエットも、ストレスがたまり長続きしません。食べ方を工夫するだけの「ベジファースト」で、食べることを楽しみながら、健康的な美しさを手に入れてみませんか。

前の記事へ 次の記事へ

おすすめ記事