ダイエット中こそ食べたい!?おやつの新常識
「ヘルシースナッキング」って?

ヘルシースナッキングで食べすぎを防ぐ!

まとめ

  1. ・「おやつ厳禁」はもう古い!?いま話題の「ヘルシースナッキング」
  2. ・適度な間食はドカ食いを防ぐ!
  3. ・何をいつ食べる?ヘルシースナッキングのやり方とおすすめのおやつ

「おやつ=ダイエットの大敵」というイメージはありませんか?アメリカ発の食習慣「ヘルシースナッキング」なら、「おやつ(間食)」をかしこく取り入れることで、食べすぎを防げるのだとか!この記事では人気モデルやセレブも取り入れているといわれ、いま話題のヘルシースナッキングとおすすめのおやつについてご紹介します。

「おやつ厳禁」はもう古い!?「ヘルシースナッキング」って?

「最近、ちょっと食べすぎたかも」「ダイエットしなきゃ!」というときに、真っ先に見直すのが「おやつ」ですね。

でも、「食べちゃダメ!と思うと余計に食べたくなる」もの、「空腹をガマンしてイライラ」「ダイエットのストレスで余計に食べてしまった」という経験もあるのではないでしょうか。ツライ思いをして、結局ダイエット失敗…なんて絶対に避けたいですよね。

ヘルシースナッキングで食べすぎを防ぐ!

そこで注目したいのが、アメリカ発の食習慣「ヘルシースナッキング」。基本的な考え方は「普段の食事を軽めにして、健康的な間食を適度に摂ることで、極度の空腹状態を作らず食べすぎを防ぐ」というものです。

メリットは大きく2つ。1つは「おやつ(間食)を食べることで食欲をセーブできる」こと。食事の量を無理に減らしたり、おやつを禁止したりしていると、ストレスもたまりますし、ドカ食いや早食いにもつながります。
ヘルシースナッキングでは空腹状態になる前におやつを口にするため「空腹状態が続いた結果、次の食事で食べすぎてしまう」のを避けることができます。

2つめは「血糖値の上昇をゆるやかにする」こと。ごく簡単にいうと、食事をすると血糖値が上がります。空腹状態のときに食事やおやつなどで炭水化物を摂ると血糖値が急上昇しますが、この状態は太りやすくなるといわれ、ダイエットのためにも健康のためにもよくありません。

また、最近では食事の回数を増やしたほうが太りにくい…という説もあります。つまり「おやつを食べたほうが、食べすぎ防止になる」といえ、ダイエットにもおすすめなんです!

ヘルシースナッキングで食べすぎを防ぐ!

「ヘルシースナッキング」のやり方は?おすすめのおやつは?

「ヘルシースナッキング」のやり方は?おすすめのおやつは?

では、ヘルシースナッキング、どのように始めればよいのでしょうか?ポイントは「おやつの内容・カロリー・食べるタイミング」にありました。

おやつの内容

タンパク質や食物繊維などの栄養素を含む食品を選びましょう。例えば、噛み応えがあり栄養いっぱいのナッツ類。それから、おなかにもやさしいヨーグルトなどです。

ナッツ類:良質な脂質や食物繊維を含む。ビタミンやミネラルも豊富。
ヨーグルト:タンパク質やカルシウムを含む。おなかの働きを整えるのにも役立つ。

果物や小さなチーズなどと組み合わせて食べるのもOK。「おやつ=甘いもの」ではなく、健康的に小腹を満たせるものと考えましょう。

カロリー

1日に200kcal程度が適量。ナッツならひとつかみほど、ヨーグルトなら小分けのカップ1個。これなら問題なし!

食べるタイミング

一般的に「最も太りにくい時間帯」といわれている14時~15時頃がベター。ランチタイムまでにおなかが空いてしまう人は朝食から昼食の合間も◎。ただし、夕食後はできるだけガマンして。

「昼食から夕食までの時間が空いてしまう」方は、小さめのおにぎりやゆでたまごなど、腹持ちがよくて食事代わりになるもの選んでください。タンパク質や食物繊維を含んだ低カロリー食品をチョイスするのもアリですよ。

注意したいのは、おやつを摂取する分、朝昼晩の食事を少しだけ軽くすること。トータルでカロリーオーバーにならないようにしましょう。夕食で肉や魚、野菜などの主菜、副菜はしっかりとりつつ、主食の炭水化物を控えめにすると実践しやすいかもしれません。

ヘルシースナッキングの考え方でおやつをかしこく取り入れて食べすぎを防ぎ、ダイエットを成功させましょう!

前の記事へ 次の記事へ