OPEN CLOSE

花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話

2019年 春の花粉飛散予測 第2回

1.2019年シーズンの花粉飛散傾向

2019年春の花粉飛散量は、例年比でみると、東北から近畿、九州はやや多い地方が多く、中国地方では多いでしょう。四国は例年並みとなりそうです。北海道は例年を下回るでしょう。一方で、前シーズンと比べると、北海道から関東甲信、東海は少ない傾向ですが、北陸ではやや多い見込みです。秋田県では前シーズンの飛散量が少なかったため、前シーズンと比べて「非常に多い」と予測しています。
前シーズンの花粉の飛散量は、全国的に例年よりも多くなりました。前シーズンの特徴として、ヒノキ花粉の飛散量が多い傾向があり、東京ではヒノキ花粉が過去10年で最も多く飛散するシーズンとなりました(例年比約4.9倍、2017年シーズン比約4倍の飛散量、日本気象協会の観測地点調べ)。今シーズンの予測に向けて花芽調査を行ったところ、ヒノキの花芽の生育が前シーズンほどではないことが分かりました。このため、今年のヒノキ花粉の飛散量は前シーズンより少ないと予測します。

2.2018年夏の天候

2018年の夏は、東北から九州地方にかけてかなり気温が高く、日照時間も多くなりました。降水量は、長雨はありませんでしたが、短期間に大雨となったことで全国的に平年より多くなりました。

気温 7月は全国的にかなり高くなりました。
8月は西日本、東日本でかなり高くなりました。北日本では平年並みとなりました。
降水量 7月は西日本太平洋側と北日本日本海側でかなり多くなり、西日本日本海側と東日本、北日本太平洋側では平年並みとなりました。西日本を中心に記録的な大雨となり、「平成30年7月豪雨」が発生しました。
8月は東・北日本日本海側でかなり多くなり、北日本太平洋側でも多くなりました。
一方、西日本日本海側ではかなり少なく、西・東日本太平洋側では平年並みとなりました。
日照時間 7月は西日本日本海側と東日本でかなり多くなり、西日本太平洋側、北日本日本海側も多くなりました。
北日本太平洋側では平年並みでした。
8月は西日本でかなり多くなり、東日本太平洋側でも多くなりました。一方、北日本日本海側では少なくなりました。

■前シーズン夏の天候と花粉飛散量(花芽の形成)の関係

花粉飛散量(花芽の形成)は、前シーズンの夏の気温が高く、また日照時間が長いと多くなります。逆に気温が低く、日照時間が短いと少なくなります。

■前シーズンと翌年の花粉飛散量の関係

花粉の飛散量は前シーズンと比べて多い年と少ない年が交互に現れていましたが、近年はその現象が現れない時もあります。

■花粉の種類について

北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。

3.飛散開始時期

スギ花粉の飛散開始は、関東から近畿、中国、四国地方、九州で、例年より5日ほど遅くなるでしょう。2月中旬に九州や四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートする見込みです。
2019年の1月から2月は、気温が北日本ではほぼ平年並み、東日本は平年並みか高く、西日本は平年より高くなる予想です。冬に気温が高めで経過する見込みのため、スギの雄花の休眠打破が遅れ2019年春のスギ花粉の飛散開始は、東日本と西日本で例年より遅くなるでしょう。
スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月中旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

4.各ブロックの飛散傾向

2018年夏の天候(花粉量への影響)

資料1

資料2

≪補足≫
※資料1 「花粉量への影響」の記号の説明
++ :かなり大きい
+ :大きい
- :小さい
-- :かなり小さい
※資料2 例年比 (実測) 全国地図
2018年の飛散量を例年値(2009~2018年)と比較した図
※言葉の説明
平年 :1981~2010年の平均値
例年 :過去10年(2009~2018年)の平均値
非常に多い :例年の200%以上
多い :例年の150%以上200%未満
やや多い :例年の110%以上150%未満
例年並 :例年の90%以上110%未満
やや少ない :例年の70%以上90%未満
少ない :例年の50%以上70%未満
非常に少ない :例年の50%未満