OPEN CLOSE

花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話

症状別の対策

基本の花粉症対策:花粉をシャットアウト!

花粉症対策として一番重要なのは、アレルゲンである花粉を体内に取り込まないことです。有効な対策方法をまとめてご紹介します。

■花粉症対策の第一歩は飛散量を知ること

花粉の飛散情報をチェックして、外出する場合はなるべく花粉の飛散の少ない日や時間帯を選びます。スギ花粉は朝から徐々に飛び始め、お昼過ぎの13~15時が飛散のピークです。そして、再び日没後の18~19時にかけて飛散量が多くなります。外出する場合はその時間帯を避けたほうがよいでしょう。空気の乾燥した風の強い日、晴れて気温の高い日や雨の日の翌日なども飛散量が増えます。

■マストアイテムはこれ!外出時の花粉対策スタイル

マスクやメガネ、花粉対策用のゴーグルは、花粉の時期の必須アイテムです。花粉対策用ではないマスクでも、マスクをすることで吸い込む花粉を約70%カットし、鼻の症状を軽くすることができます。同様に、花粉対策用ではないメガネでも花粉を約40%もカットして目の症状を軽くしてくれます。また、髪の毛に花粉が付着すると落とすのが難しいもの。髪の毛を束ねて帽子をかぶることで髪の毛への付着を防ぐことができます。この時期の洋服は、花粉がつかないようなつるつるとした素材のものを着るとよいでしょう。

■花粉は持ち込まない!帰宅したら絶対にすべきこと

まずは、玄関の外で花粉を払います。花粉が舞い上がらないように、上から下へそっと払うのがコツです。家に入ったら、手洗いうがいで花粉を洗い流します。顔にもたくさんの花粉が付着しており、鼻や目に近いところにも花粉がついていますので、顔も洗うとすっきりします。人工涙液(涙に近い成分の目薬)を使って、目の中の花粉も洗い流すと、症状が和らぎます。

■花粉症対策でやっていいこと&悪いこと

◎いいこと

・掃除機はNG?花粉には拭き掃除がオススメ
花粉には拭き掃除がオススメ
室内に入り込んだ花粉が原因で、くしゃみや目のかゆみに悩まされる人も多いでしょう。花粉症の症状を和らげるには、家の中をこまめに掃除して、室内に入り込んだ花粉を除去する必要があります。
ただし、掃除機を使う場合は注意が必要です。多少は花粉を除去できますが、室内の空気が激しくかき乱されるため、花粉も大きく舞い上がってしまいます。
そのため、家の中から花粉を除去するには拭き掃除がオススメです。寝ている間は室内の空気がほとんど動かないため、なるべく朝起きてすぐに拭き掃除をするのがいいでしょう。吸着剤を使用しているモップや、濡らした雑巾などで床を拭くときれいに花粉を除去できます。
カーペットの場合には粘着カーペットクリーナーを使うと花粉を取りやすいです。衣服を着脱する玄関やトイレの床にも花粉がたまっていることが多いので、忘れずに拭き掃除をしましょう。
空気清浄機や加湿器はマスト!おすすめの設置場所はここ
空気清浄器・加湿器
空気清浄機はハウスダスト等だけでなく、花粉も取り除くことができます。ただし、空気清浄機の設置場所に注意しましょう。花粉は外から入ってくるため、花粉症対策として空気清浄機を使用するのであれば、玄関の近くに設置するのが望ましいです。コートなどを脱いだときに舞う花粉が、玄関で大部分取り除かれるので、部屋まで入ってくる花粉の量は少なくなります。
そして加湿器は室内に入り込んでしまった花粉に効果的です。なぜなら、空気中を舞う花粉は湿度が高くなると水分を吸い取って重くなり、舞いにくくなるからです。
・症状緩和のカギ、免疫力を高めるには?
免疫力を高めるには?
腸内には善玉菌と悪玉菌がすんでいて、善玉菌が優位な状態だと免疫力が正常に働きやすくなります。そのため、善玉菌を多く含む、ヨーグルトや漬物、みそ、納豆といった食品を食べると免疫力アップにつながります。
そして睡眠を十分に取ることが免疫力にとって大切です。花粉症になると鼻づまりで熟睡できない人も多いでしょう。ウェットティッシュや濡れタオルなどで布団やまくらを軽く拭き花粉を除去するなどし、症状を抑えて熟睡できるようにしましょう。身体を温めると免疫力がアップするため、ゆっくりと入浴するのもオススメです。

×悪いこと

・喫煙の刺激が花粉症に拍車をかける!
タバコの煙には数多くの有害な化学物質が含まれており、それが鼻の粘膜を刺激します。花粉症でくしゃみが何度も出たり、鼻づまりを起こしていたりしているときは、鼻の粘膜が敏感になっています。そこへタバコの煙の刺激が加わると、さらに症状が悪化してしまう可能性が高いです。
・飲酒も悪影響?鼻づまりになる理由
アルコールを摂取すると血管が拡張されるため、鼻の粘膜にたくさん通っている毛細血管が充血してむくみ、鼻づまりの症状が出やすくなります。また、アルコールは肝臓に負担をかけ、免疫力が低下しやすくなるため、結果として花粉症の症状を悪化させることもあるため注意が必要です。
窓の開けっ放しはリスク大!洗濯物の干し方にも注意!
花粉の飛散時期に3LDKのマンションで窓を全開にして換気をすると、約1,000万個の花粉が室内に入ってくることもあるそうです。 窓を開けて換気をするときは注意を払いましょう。飛散量の多い時間帯を避け、全開ではなく10センチくらいだけ開けて換気をすると入ってくる花粉の量を少なく抑えられます。
また、花粉の飛散時期に洗濯物をベランダや庭などに干してしまうと、当然のことながら花粉が付着してしまいます。そのため、花粉の飛散時期だけは部屋干しにするのが無難です。
・ストレスと花粉症で負のスパイラルに陥ることも
長期間にわたって強いストレスを受け続けると、免疫力低下につながります。花粉症で鼻づまりの症状が出るとイライラするため、さらにストレスがたまるという悪循環に陥る人も少なくありません。なるべく健康的な生活を心がけ、適度な運動をしたり趣味を楽しんだりしてストレスを解消しましょう。
ストレスと花粉症で負のスパイラルに陥ることも