OPEN CLOSE

花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話

市販薬の選び方

第一世代・第二世代抗ヒスタミン薬の違い

鼻炎の症状がまだ軽いうちは、市販薬でも十分に効果を得ることができます。

市販薬をうまく使いながら、なんとかつらい花粉シーズンを乗り越えたいもの・・・。あなたは、自分の症状に適した薬を選べていますか?

実は知られていない?代表的な2つの花粉症対策薬の効き方の違い

現在、市販薬には様々な成分のものがあります。
飲み薬や、点鼻、目薬など剤型もさまざま。

飲み薬のうち、最も代表的なのが、抗ヒスタミン薬(第1世代、第2世代)の2つです。その他の薬の詳細はこちらから。

ところが、市販薬を利用している方のうち、ほとんどの方が、効き方の違いで2つのタイプの薬があることを、理解できていないのです。

花粉症対策薬は、抑えたい症状や作用時間などから最も自分の症状に適していると思われる薬を選ぶことが重要です。

ここではそれぞれの長所・短所を、詳しく見ていきましょう。

第1世代抗ヒスタミン薬

主に鼻水・鼻づまり・くしゃみへの対策に使われます。

症状を引き起こす原因となるヒスタミンの作用をブロックする薬です。眠気や口の渇きといった副作用が出る方もいますが、効き目のキレが良いのが特徴。就寝前に服用すると眠気は気になりませんし、しっかりと睡眠をとって休養することで自律神経が整えられ、翌朝の症状が楽になる場合もあります。

副作用があってもうまく付き合い、症状に対して、第一に効き目を優先させたい、そういう場合に選ばれているのが第1世代抗ヒスタミン薬なのです。

※アレルギーの起こるメカニズムと第1世代抗ヒスタミン薬の作用についてはこちらから。

第2世代抗ヒスタミン薬

第1世代抗ヒスタミン薬と同じく、主に鼻水・鼻づまり・くしゃみへの対策に使われます。

症状を引き起こす原因となるヒスタミンを放出させない作用もあるため、花粉を感じたり、症状が重くなる前から服用すると効果的。

また、第2世代抗ヒスタミン薬は、眠気や口の渇きといった副作用が出にくいものが多くなっています。
医療用医薬品(処方薬)だったものが薬局で購入できる市販薬になった「スイッチOTC」が多く、現在では花粉症対策はこちらが主流になりつつあります。

効き目よりも、眠くなりにくいことを優先させたい場合に選ばれているのが第2世代抗ヒスタミン薬です。

※アレルギーの起こるメカニズムと第2世代抗ヒスタミン薬の作用についてはこちらから。

第1世代、第2世代の見分け方って?

抑えたい症状や作用時間等から、第1世代/第2世代、どちらが自分に適しているか、分かりましたでしょうか?

どの薬が第1世代/第2世代抗ヒスタミン薬なのか、市販薬のパッケージに表記されてないことが多いため、薬局・薬店で薬剤師の方に聞いてみると良いでしょう。

市販薬をうまく使いながら、つらい花粉シーズンを乗り越えましょう。