OPEN CLOSE

花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話

市販薬の選び方

目のかゆみへの対策

目のかゆみが強いときには、人工涙液や点眼薬を使うことで症状が和らぎます。コンタクトレンズ装着時は、防腐剤の入っていないものを使用しましょう。
点眼薬だけでは効果が不十分と感じる場合は、内服薬を併用すると効果的です。また、カップ式の眼洗浄剤は目の中の異物を洗い流すのに便利ですが、カップで覆われる範囲の目の周りの肌に付着した花粉も一緒に洗うことになるため、目の周りの花粉が目の表面について症状を悪化させる可能性もあります。眼洗浄剤を使う場合は、目の周りを良く洗ってから使用してください。

市販薬の成分の配合はメーカーによってさまざまです。そして、効く成分には個人差があるので、人によって効果は異なります。数日服用して効き目を実感できない場合は、他の成分を配合した薬を使ってみるのも良いでしょう。用法・用量を守って使用し、市販薬を1週間続けても症状が緩和されない場合には、医療機関を受診してください。

また、子供には子供用の薬を必ず使うようにしてください。体が成人並みに大きくても、臓器や体の機能は未発達です。用法・用量に書かれている年齢に合わない場合は、服用してはいけません。子供から大人まで服用できるタイプの市販薬もありますので、子供にも服用させたい場合は、そういった薬を選びましょう。
血管収縮薬を使った点鼻薬以外の市販薬では、薬を飲み続けることで、効果が薄れたり、依存性が高くなることはありません。市販薬をうまく使いながら、つらい花粉シーズンを乗り越えましょう。