OPEN CLOSE

花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話花粉症対策サイト 大正製薬 スギ花粉の話

市販薬の選び方

薬はいつから服用するの?

花粉症対策として市販薬を服用する人は多いでしょう。

しかし、市販薬の場合には様々な種類があり飲み始めるタイミングや服用回数が異なりますので、必ず用法・用量を確認しましょう。
花粉症は、発症すると粘膜がどんどん敏感になることが分かっており、敏感になると症状が強く出やすくなります。

通常、薬は症状が出た後に服用するもので、予防的に使うものは少ないですが、花粉症は毎年症状が現れる時期が決まっており、また原因もはっきりしています。そのため、処方薬の中には花粉飛散前からの予防的な治療が認められているものがあり、市販薬の中にも症状の軽い早めの時期からの服用を推奨しているものがあります。

花粉症にかかっている人の多くは、ごくわずかな花粉が体内に入り込んだだけでも敏感に身体が反応してしまいます。シーズン前から飲み始めることで、粘膜を過敏にさせないようにできるため、発症を遅らせることができたり、軽い症状にすることができます。以前は2~3週間前から服用の必要がありましたが、薬の改良が進み、1週間前ごろからの服用でも効果が得られるようになりました。花粉症がひどい方は、早めに薬を処方してもらうことをお勧めします。

薬局やドラッグストアで買える市販薬は、病院で処方される薬と比べると、安全に服用できるように成分が限られているため、効き目が弱く感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、近年では、医療用医薬品と同じ成分を配合した「スイッチOTC」も増えていますので、スイッチOTCの薬を試してみるのもよいでしょう。

花粉の飛散時期は、地域によって違いがあり年によってもややずれがあるため、天気予報などを小まめにチェックした上で飲み始めると良いですね。