OPEN CLOSE

花粉症対策サイト花粉症対策サイト

花粉症とは?

花粉症発症のメカニズム

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが続く、つらい花粉症。花粉症の中でも最もよく知られるスギ花粉症の場合、1年のうち1か月~長い人では3か月余り、花粉症の症状に悩まされることになります。花粉症は突然発症し、現在の医学では根治が難しく長い年月に渡って症状に悩まされる厄介な病です。

花粉症はどのようにして発症するのでしょうか?

花粉症発症のメカニズム花粉症発症のメカニズム

花粉症は、その名の通り、花粉が原因で起こるアレルギー反応です。
まずは、アレルギー反応と深い関わりのある免疫の仕組みについて見ていきましょう。

通常ヒトには、ウイルスや細菌などの外敵や、異物が体内に入ってきたときに、それらを体外に排除するための免疫システムが備わっています。
体内に異物である「抗原」が入ってきたときに、それを退治する「抗体」という武器を作り体外に排除しようとします。一度作られた抗体は体内にとどまり、再び同じ抗原が体内に入ってきたときに抗原を排除する働きをします。

アレルギーとは、特定の無害な物質を外敵や異物とみなし、それを排除するために過剰に身体が反応する現象のことを言います。花粉は人体にとって無害であるはずですが、身体を守るための免疫システムが働いてしまい、花粉を抗原とみなして、IgEという抗体を作ります。IgEは、白血球の一種である「肥満細胞」と非常に強く結合する性質があります。体内に入るたびに抗体が増加し、結果、IgEと結合した肥満細胞も増加します。IgEが一定量を超えると、花粉に反応した肥満細胞から、化学伝達物質であるヒスタミンやロイコトリエンが放出され、それらの化学物質に目や鼻の粘膜が反応し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみの症状を引き起こします。

アレルギーについてよく言われているのが、コップに注いだ水に例えた「アレルギーコップ説」です。身体をコップに見立て、生まれつきの体質に、大気汚染やストレス、衛生環境や大量のアレルゲンが水のように加わって、コップの水があふれるように身体の許容量を超えるとアレルギー症状が起きる、という考え方です。ある調査※によると、都会に住む20代前半の73%にIgE抗体の陽性が見られました。IgE抗体が陽性であれば、今は花粉症を発症していなくても、いずれ発症する可能性が十分ありますので、体内に花粉を取り込まないことが重要です。

※当社調べ