OPEN CLOSE
HAVE FUNHAVE FUN
sevemteem

日焼け止めって絶対必要?
どうやって選べばいいの?
基本のキ

日焼け止めの正しい選び方やぬり方を知らないまま使っていると、せっかくケアしても十分な効果が得られないことも。
日焼けによるトラブルを起こさないためには、まず、正しい知識をきちんと身につけて。

日焼けはどうしてよくないの?

日焼けすると赤くなるのは、紫外線の刺激で肌がやけどしている状態だよ。ヒリヒリしたことがあるコも多いはず。そんな状態になると肌は黒っぽいメラニン色素をつくって紫外線から守ろうとするけれど、それがシミやくすみのもとに。さらに紫外線を浴び続けていると肌の内側までダメージを受け、将来シワやたるみに……。後になって「紫外線対策しておけばよかった」と思っても、取り戻せない!
日焼けは肌の色が変わるだけでなく、ジワジワと長年のダメージがたまることで皮膚のトラブルを招いてしまうもの。近年は温暖化によるオゾン層の破壊で、地上に降り注ぐ紫外線量が増えているから、10代のうちからきちんと日焼け対策をしよう。

日焼け止めの「SPF値」や「PA値」って何?

紫外線とひとくくりにされるけど、波長の長さによって3種類あるよ。ひとつは肌の奥深くまで届く「紫外線A」。シワやたるみなど皮膚の老化を引き起こしてしまうもの。2つめはシミやソバカスの原因をつくる「紫外線B」。そして、3つめはオゾン層で吸収される「紫外線C」。つまり、日焼けの原因になるのは「紫外線A」と「紫外線B」だよ。日焼け止めの「SPF」は「紫外線B」、「PA値」は「紫外線A」を防ぐ効果を示したもの。ちなみに今、日本で一番紫外線防止効果が高いのは、「SPF50+」「PA++++」だけど、たくさん種類があるから迷いがち。汗をかくときはウォータープルーフタイプ、おしゃ見せしたいときはトーンアップやパール入りのもの、洋服に色をつけたくないときはクリアタイプなど、プラスアルファの目的で選ぼう!

日焼け止めをぬるときに注意することは?

朝ぬればその効果が一日中続くわけではないから、こまめなぬり直しがおすすめ!2~3時間おきくらいが目安だよ。汗をかいたり、プールに入ったときなどは落ちやすいから、落ちたかもと思ったらぬり直ししておこう。
また、量が少なすぎても十分な効果が得られないから適量をむらなくぬろう。ジェルクリームの場合、顔にぬるならパール大2個分が必要だよ。日焼け止めをぬるときは顔ばかり気にしがちだけど、首、デコルテ、首の後ろ、耳、足、ひざの裏なども焼けやすい部分だから忘れずにぬってね!
コパトーンのラインアップ
  • キレイ魅せキレイ魅せ
  • スキンタイプスキンタイプ
  • タンニングタンニング
  • その他その他