OPEN CLOSE
HAVE FUNHAVE FUN
non-no

彼の前で、いつもキレイで
いられる日焼け止め選び

大好きな彼のためにキレイでいたいから、
シミやそばかすの原因になる日焼けは避けたいよね。
でもシーンによっては
日焼け止めがぬれなかったり、いつの間にか
ヘンな焼け方をしてしまったり……。
そこで、シーン別の日焼け止めの選び方や
対策をご紹介!

サークル活動・スポーツ観戦

スポーツをする時や観戦を楽しむ時、汗をかくからしっかりメイクができないうえに、こまめに日焼け止めを塗り直せない……。しかも屋外だと、容赦なく紫外線が降り注ぐ!そんなハードな状況だからこそ、日焼け止め選びが重要に。
まずはSPF値、PA値が高く、紫外線をしっかりカットしてくれるものをセレクト。次にウォータープルーフタイプで汗に強いこともマスト。クリアカラーで肌タイプを選ばないものなら、仕上がりもナチュラルなのでおすすめ。さらに、メイクが薄くても肌をキレイに見せてくれるパール入りタイプや白肌トーンアップタイプを選べば言うことなし!さりげなくキレイ見せしながら、応援やプレーに集中できる♪
顔はもちろん、手、首、足と服から出ているところはまんべんなく、ぬること。スニーカー焼けすると、可愛いサンダルがはけなくなるからラインがつかないように気をつけて!

※メイクアップ効果

街中デート

夏のデートはオフショルや背中あきのワンピで色っぽコーデにトライしたり、ある時はショーパンやノースリーブでカジュアルにと変化をつけて、暑い季節ならではの旬なファッションを取り入れたい。日焼けを気にせず、そんなおしゃれを楽しむなら、しっかり対策するのが正解!
街中でも紫外線はたっぷり降り注いでいるから、顔だけでなく手足の日焼け対策は万全に。とくにオフショルなど肌見せファッションの時は肌見せの部分までしっかり日焼け止めをぬることを忘れないように注意したいもの。
そして、デートの時も日焼け止めはバッグに入れて持ち歩き、お手洗いに行くタイミングなどにぬり直しを!

ドライブデート

ドライブデートの時はいつもより彼との距離が近くなり、顔をアップで見られるから肌をキレイに見せたい!だから日焼け止めはのびがよくて仕上がりが美しいものがベター。白肌トーンアップなど、肌をキレイに見せる効果があればさらによし!そして、クルマの中は涼しくてカーディガンを羽織ったりする場合も多いから、クリアタイプのものがおすすめ。うっかり日焼け止めをぬった部分が洋服でこすれても、日焼け止めの色が洋服について汚れるのを防げる!
クルマの中でもガラス越しに紫外線は降り注ぐから油断大敵。肌が赤くなるだけでなく、将来、くすみやシワ、たるみなど肌トラブルを招く原因に。顔だけでなく、デコルテや首、耳、手足などファッションに合わせて、肌が見える部分にはしっかり日焼け止めをぬるのを忘れないで。

※メイクアップ効果
コパトーンのラインアップ
  • キレイ魅せキレイ魅せ
  • スキンタイプスキンタイプ
  • タンニングタンニング
  • その他その他