ヨガで疲れにくい体を手に入れよう

「疲れた」とよく言ってしまいがちですが、“疲れ”とは、一体どんな状態のことを指すのでしょうか?

“疲れ”とは、ストレスの蓄積などによって本来の力を発揮できない状態のことを言います。

“疲れ”はさらに、睡眠や休息で回復する“一時的な疲労”と、なかなか疲れが抜けない“慢性疲労”に分けられます。

今回は、そのどちらにも効果的なヨガを紹介するので、ぜひおこなって疲労回復と予防に役立ててください。

<監修>
石原 政子(SEIKO)
食事・栄養アドバイザー、料理講師

ヨガ&薬膳de美養生「feeling」主宰。
「薬膳フードデザイナー」認定講師として日々の食の大切さ、何かに頼るのではなく自分自身の力で健康と美を手に入れられる知恵を学ぶ「薬膳フードデザイナー資格認定講座」を開講。東洋医学からみる様々な不調改善や美容に関するイベントや講座、体質や不調の悩みを改善へと導く「中医カウンセリング」を行なっている。

疲労を感じやすい体とは?

疲れを感じやすい体の状態は、下記の5つが考えられます。

1.働きすぎや激しい運動した後
身体にストレスや不可がかかり、筋肉疲労や緊張が慢性化している状態

2.不規則な生活による睡眠不足
疲れを回復するための十分な睡眠がとれず、睡眠不足が続き疲労がたまったままの状態

3.食欲が低下しエネルギー不足
気力ややる気がなくなり動けない状態

4.忙しい毎日による運動不足
筋肉量が減り体のバランスを崩しやすい状態

5.PC作業など、長時間同じ姿勢でいる
気血の巡りが悪くなり肩こりや腰痛などの不調を起こしやすい状態

疲労対策にヨガでリズムを整える

ヨガは運動が苦手な人や体が硬い人でも年齢に関係なくおこなうことがきます。

ヨガは呼吸とともにほどよく体を動かすことで、筋肉や内臓が刺激され血流が良くなり疲労を解消する大切な役目を果たします。

またリラックスするポーズではさらに呼吸が深くなり、ストレスでこわばった体の緊張が緩んで副交感神経が優位になり、睡眠の質を上げる助けとなります。

ヨガを定期的におこない継続することで疲れのたまりにくい体へと導くことができるのです。

疲れにくい体にするためのヨガ

では、実際に疲れにくい体にするために効果的なヨガのポーズを紹介していきます。

【肩甲骨まわし】

①両手の指先をそれぞれの肩につけます。

②指先をつけたまま、息を吸いながら両ひじを前から上に引き上げ、息を吐きながら後ろにまわしておろします。

③5回ほど繰り返したら、反対回りで同じように5回繰り返しましょう。

姿勢を良くして呼吸に合わせながら大きくまわすことがポイント。

上半身の気血の巡りをよくする、肩こり解消・予防、代謝アップの効果が期待できます。

【三角のポーズ】

①足の幅を大きく開き左足を90度に外向きに回転させて立ちます。

②息を吸う時に床と平行に両手を広げ、息を吐く時に右足の方へ体を真直ぐに保ちながら傾けていきます。

③右手は右足に添え、左手は上へ真っ直ぐ伸ばします。
足を安定させ体重を下の手にかけず、上へ伸びていく意識することがポイントです。

④息を吸う時に起き上がり、手を下げます。(反対側もおこなう)

足の筋肉を強化、気血の巡りをよくする、元気が出る効果が期待できます。

【仰向けのツイストポーズ】

① 仰向けになり膝を立てて、左膝を右膝に引っ掛けて足を組みます。

② 両手は楽な位置に置き、両足を右側に倒します。

③ 左肩は無理して床につけなくてもいいので、
1〜2分ほどポーズをキープし、ゆっくり呼吸をしましょう。
背中、腰、お尻、左太ももの外側に心地よい伸びを感じられるといいでしょう。

背中の凝りをほぐす、腰痛を解消・防止、太ももの張りをほぐす、内臓の働きをよくする効果が期待できます。

【仰向けの合せきのポーズ】

① バスタオルかブランケットを巻いて細長くしたものを、マットか床の上に置きます。

② その上に背骨を添わせるように仰向けになり、目を閉じ両手は体から少し離して、手のひらを上向きにします。

③ 足裏どうしを合わせて膝を外側に開き、全身の緊張を緩め深い呼吸を心がけ、3分から5分ほど続けましょう。

呼吸がしやすくなる、緊張がほぐれる、胸や肩周りが開く、消化力アップ、下半身の気血の流れを良くする効果が期待できます。

まとめ

体と心は繋がっているため、どちらかがストレスを感じると、もう一方も同じようにストレスを感じ不調を引き起こす原因にもなります。

ストレス社会の現代において、ストレスや疲れを感じないようにするのはなかなか難しいかもしれません。

疲れがたまる前に体からのSOSに気づき、ストレスを取り除いたり、ストレスに強い体作りをしたりすることが大切で、ヨガで体を動かすことはとても有効的です。

ヨガでストレスをリセットして疲れ知らずの体を手に入れましょう。

よく読まれている関連記事