肌疲れ・肌荒れの原因とは?
年代別・季節別の注意すべきサイン

仕事や育児、家事などの疲れが肌に出ていませんか?

肌荒れしてしまうと、気分も下がってしまいますよね。

そこで今回は、肌疲れ・肌荒れの原因と解消方法について、黒田愛美先生にお教えいただきました。

<監修>
黒田愛美
1979年1月31日東京生まれ。中学時、アメリカへ単独留学。California St.Timothy school, Southwestern Academyを経て、帰国後、父の遺志をついで医学部を志す。「中からと外からの美と健康」内面からのアプローチ(食事、サプリメントなどの分子栄養学やホルモンなどの予防医療)と、外からのアプローチ(レーザー、ヒアルロン酸、ボトックスなどの美容外科、美容皮膚科)を自分の信念とし、現在はクリントエグゼクリニックにて診療している。

「肌が疲れている」とはどのような状態?

「肌が疲れている」とは、肌荒れがある状態やその一歩手前の状態を指します。

肌色が悪く見えたり、しわやたるみなどが目立つようになったり、実年齢よりも老けて見られたりするのは、肌が疲れているサインです。

また、肌のキメの乱れ、乾燥、赤み、吹き出物などが出ている状態を、肌荒れと呼びます。

肌疲れ・肌荒れの原因

肌疲れや肌荒れの原因はさまざまですが、主に以下のような原因が挙げられます。

・ストレス
・睡眠不足
・ホルモンバランスの乱れ
・花粉や大気汚染
・メイク汚れ
・バランスの悪い食生活

食生活の乱れは、腸内環境の悪化につながり、肌に赤みや吹き出物が出やすくなります。

また、腸内環境が整っていないとミトコンドリアの機能も低下するため、代謝が下がり、老けて見られるようになってしまいます。

年代別に見る肌疲れのサイン

20代までは、乾燥やニキビといったシンプルなトラブルが多く、30代以降になると、目の下のクマや肌のくすみ、たるみなどの老化による肌の変化が出てきます。

大切なのは、各年代に合ったスキンケアを行うことです。

例えば、同じニキビの悩みでも、若年層向けと大人向けとは、入っている成分が変わってきます。

肌に変化を感じたときは、スキンケアアイテムを見直しましょう。

季節別に見る肌疲れのサイン

季節の変わり目は、肌荒れを起こしやすくなります。

その理由としては、急激な温度や湿度の変化が挙げられます。

また、3〜4月頃のスギ花粉の季節は、肌荒れを起こす方が特に多い傾向にあります。

患者さんと接していて、最も肌疲れが多いと感じるのは、やはり冬です。

冬は一年を通して最も乾燥している季節なうえに、暖房の影響で肌の乾燥度はマックスとなります。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下して、さらに肌荒れが進みます。

夏は、紫外線による肌疲れが多くなります。

紫外線はバリア機能を低下させ、ターンオーバーを乱し、赤みや乾燥などの肌トラブルを起こします。

肌が疲れていると感じたときは、季節ごとのトラブル要因に合ったケアを意識しましょう。

肌疲れを解消する方法

大切なのは、ストレス回避、バランスのとれた食生活、適度な運動、そして睡眠です。
まずは、この4つを心がけてください。

特にストレスは美肌の大敵です。

ストレスで自律神経のバランスが崩れると、肌の調子が一気に悪化する場合もあります。

忙しい中でも自分と向き合う時間やリラックスのできる時間を意識して作りましょう。

アロマをたいたり、マッサージに行ったり、ヨガや瞑想をしたり、自分が心地よいことを取り入れましょう。

私たちの体は、食べた物でできています。

肌に異常が起こるということは、体内のどこかに異常があるということです。

多くは腸内環境の悪化からきています。

腸内環境を悪化させる砂糖やアルコール、加工食品などはなるべく控えて、緑黄色野菜や良質なタンパク質をしっかり摂りましょう。

適度な運動(週2〜3回、1回30分程度)は、肌だけではなく、体の健康を維持するためにも必要です。

通勤では階段を使うなど、日々の生活でも体を動かすようにして、毎日最低でも7時間以上の睡眠をとることが美肌の近道になります。

まとめ

肌疲れの多くは、生活習慣の乱れからきています。

上記に挙げたことをできるだけ守って、いつまでも若々しく元気な肌を保ちましょう!

よく読まれている関連記事