便秘解消に美肌のお手伝いも。今すぐ飲みたいお悩み解消スムージー

今やコンビニやスーパーでもお馴染みの存在となりつつあるスムージー。

ヘルシーというイメージやおいしいという理由でなんの気なく飲んでいる人も多いかと思いますが、実は効果を知ってこそ飲みたいドリンクだったりもするんです。

というのも、食材を丸ごとギュッと絞って作るスムージーは、野菜やフルーツの栄養素も満点。

多くの女性が悩むあれやこれを手助けしてくれる成分が豊富に含まれています。

そこで、日頃からスムージーを愛飲しているという、プロフェッショナルヨガ講師のOki Satokoさんに、お悩み解消の手助けをしてくれるスムージーの数々を紹介していただきました。

〜Oki.Satoko〜
FiNCアンバサダー
プロフェッショナルヨガ合格 2016年MissWORLD JAPANファイナリスト初代ミス・ヨガ受賞。呼吸を軸にした健康経営をサポートするブレストラン代表取締役。GapFit公式アンバサダー。

しっかり噛むことが大事! スムージーの取り入れ方のポイントをチェック

――Okiさんは普段どのようにして生活にスムージーを取り入れているんですか?

Okiさん(以下、O):やっぱり朝はフレッシュなものを体に取り入れたいので、基本的には朝食として飲んでいますね。あとは、ダイエットや減量をしているときは夕食に置き換えたり、目的に応じて飲むタイミングを変えられるのもスムーズーの魅力のひとつですよね。

――スムージー=甘くておいしいというイメージがあるのですが、適量はどれくらいでしょうか?

O:入っている食材にもよりますが、フルーツを多く使用しているものはやはり果糖が多かったり、牛乳で割っているものは脂肪分も気になるところだとは思うので、1日にコップ1〜2杯程度を目安にした方が良いとは思います。あとは、特に女性の場合は体を冷やさない方が良いとされているので、氷は入れないか少な目がおすすめです。そして、よく噛むこと! 野菜や果物の繊維が含まれているので、普通のジュースのようにゴクゴク飲むのではなく、しっかり噛むことが大事なポイントです。

あなたのお悩みはどれ? Okiさんがおすすめするスムージーレシピ

・美肌になりたい…「ピンクスムージー」
肌の調子を整えたい人には、ベリー系のフルーツやビーツなど、緑黄色系のカラフルな食材で作るのピンクスムージーがおすすめです。色の濃い食材にはカロテンやビタミン群が豊富に含まれているものが多いので、コーヒーやお茶の代わりに取り入れてみると良いと思います。

・便秘を解消したい…「グリーンスムージー」
便秘が気になっていたり腸の調子を整えたいときには、グリーン系の野菜を使ったスムージーが効果的です。野菜ならルッコラや小松菜、フルーツならいちじくや桃をプラスすれば食物繊維もたっぷり。腸内活性化が期待できるので、飲むタイミングは朝イチがおすすめです。

・ダイエットしたい…「イエロースムージー」
ダイエットや減量をしたい人には、牛乳ではなく、豆乳などの植物性タンパク質や甘酒などの発酵食品を使用して作るスムージーがぴったりです。タイミングとしては夕食に置き換えるのが理想的なので、スプーン1杯程度の亜麻仁オイルなどで脂質をプラスしたり、カボチャなど体を温めてくれる野菜を加えてきちんと栄養を取りましょう!

・花粉症を改善したい…「ホワイトスムージー」
実はスムージーって花粉症の時期にこそおすすめしたいドリンクだったりするんです。というのも、花粉症になる人は体内老廃物を上手に排出できていない場合が多いようで、まだ症状が出ていない場合でも対策として行なっておくと効果を期待できると思います。材料としては、老廃物の排出を促してくれる大根やりんご、生姜、みかんなどがおすすめです。

まとめ

食材の組み合わせ次第でお悩み解消の可能性も無限大のスムージー。

まずは今回ご紹介したスムージーを基本に、ご自身に合った食材や飲み方を追求することで、身も心もフレッシュな毎日を過ごせるかもしれません。