毎日の習慣に!ラジオ体操で究極の全身運動

監修者:宮地元彦先生
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
身体活動研究部長


日本人ならみんな知っている「ラジオ体操」。

小学生の夏休みに毎日やるもの、という印象が強いですが、実は効率よく運動効果をもたらす究極の体操なのです。

体を引き締めたい人は、ラジオ体操を、今一度習慣にしてみませんか?

運動のいいとこ取りのラジオ体操

ラジオ体操は、「有酸素運動」と「ストレッチ」の要素を兼ね備えた、運動法です。

ラジオ体操第1を通して行なった場合の運動としての強度は、なんと速歩に相当するほどのもの。座っているときの3〜4倍のエネルギーを消費します。

朝起きてから行えば、心身がスッキリ目覚めることで自律神経も整い、代謝もアップします。

その結果、その後の通勤などの運動効果もよりアップすることに。

ダイエットにもうれしい効果をもたらしてくれるのです。

より効果を得るためのコツ

ラジオ体操の効果を得るには、漫然と流れるように行うのではなく、リズムに乗って大きく伸びやかに動くことが重要。

それにより、筋肉や関節のストレッチ効果が期待できます。

ムチのようにしなやかで、リズミカルな動きを意識して行いましょう。

音楽に合わせた正確な動きを心がけることで、認知症予防も期待できます。

また、ラジオ体操にかかわらず、運動は習慣化することが大切。

その点でも、毎朝決まった時間に行うラジオ体操は、起床時間などの生活リズムも整うことから、健康な体を手に入れることができるのです。

ラジオ体操の放送時間と生活リズムが合わない人は、インターネットでの動画再生もおすすめ。

昔はすべて覚えていた動き方を忘れてしまった方も、動画を見ながら正しく運動することができますよ。

ラジオ体操第1にチャレンジ!

【例:体をねじる運動】
1. 脚を開いて立つ。
2. 腕の力を抜いて、上体を左右にねじる。
呼吸は止めずに行うのがポイント。
3. 腕を斜め上に大きく2回振り上げる。
腕は大きく振り上げる。
この時、骨盤は常に前に向かって固定されているイメージで行う。
4. 2〜3を反対側も行う。

POINT
2と3の動きの時、「より遠くへ」体を伸ばすことと、関節に力を入れて伸ばすのではなく、ムチのようにしなやかな動きを意識しましょう。
また、リズムに乗って行うことで体のバネが使われ、柔軟性が高まります。

慣れてきたらラジオ体操第2にも挑戦しよう

老若男女を対象に作られたラジオ体操第1に対し、第2は職場向けにつくられた体操です。

運動強度はさらに高くダイナミックな動きが多いのが第2の特徴。

すなわち、ダイエット効果も第1より高いといえるでしょう。

体調や体力に合わせて、無理のない範囲でチャレンジしてみましょう。
いかがでしたか?

ラジオ体操第1は、約3分間の運動。第2は約2分30秒の運動です。

通して行なっても、計5分強でかなりの強度の運動が可能なのです。

続けることがダイエットや健康増進の鉄則です。

毎朝数分間のチャレンジで、自分の目指すボディラインをつくってみませんか?