飲み会も楽しめる! 美脚トレーナーが提案する外食で後悔しない3つのポイント

ダイエット中だからといって、飲み会やパーティーへの参加を断念したり、会場で食べたい気持ちを我慢するのはちょっと悲しいですよね。

特に、お祝いの場や、気の知れた仲間との楽しい酒席はやっぱり心から楽しみたい!

というわけで今回は、美脚トレーナーの坂井雪乃さんが教えてくれた太りにくいお酒の飲み方と食事のコツを、3つのポイントに分けて紹介します。

〜坂井雪乃〜
FiNCアンバサダー
【あなた至上最高の美脚に】する美脚トレーナー。下半身の引き締め、現役モデルならではのウォーキングや姿勢改善の指導に加え、 ダイエット指導士、ダイエットアドバイザー として内側からの指導も行なっている。幅広いメディアで活躍中

我慢しなくて大丈夫。太りにくいお酒とおつまみの組み合わせとは?

point1:お酒のチョイスは蒸留酒がオススメ

焼酎、ウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒は糖質が低いので、なるべくこれらのお酒を飲むようにしてほしいですね。

飲み方としては、焼酎ならお湯割りやハイボールがおすすめです。

特にお湯割りの場合は熱いので少量ずつ飲む形になるため、飲みすぎ防止にもなるかと思います。

ハイボールの場合も炭酸で割るので、お腹も膨れやすく、こちらも飲み過ぎを防いでくれると思います。

女性の方は特にワインなど果実酒を好まれる方も多いと思いますが、3杯以上になるとカロリーオーバーが気になってくるので、いずれにしろ飲み過ぎには注意したいですね。

point2:ヘルシーなおつまみにシフトチェンジしよう

おつまみの最初に野菜を摂取することで、血糖値の上昇を抑えてくれるので、最初の段階で野菜類を食べていただきたいのですが、カロリー高めのポテトサラダやシーザーサラダなどは控えて、野菜スティックやグリーンサラダをチョイスしましょう。

そのほか、食物繊維やビタミンが豊富なことからアルコールの代謝を促して二日酔いを防ぐ効果が期待できるといわれる「えだ豆」や「豆腐」、低カロリー高タンパクでタウリンが豊富に含まるイカやタコなどの「お刺身」、乳酸菌を含み食物繊維も豊富で脂肪燃焼効果も期待できる「キムチ」が特におすすめです!

point3:お肉なら焼き鳥を塩で!

お酒の席ではどうしても肉が食べたくなるという人も多いとは思いますが、食べるなら焼き鳥を塩でいただくのがおすすめです。

タレを塩に変えるだけで、焼き鳥1本につき6〜11kcalをカットすることができるといわれているんです。

また、選ぶ部位にもポイントがあり、皮や手羽先は脂肪分が多いので、ささみ、砂肝、ナンコツなどがベストですね。

レバーやハツなどは低カロリーな上に高タンパクなので、内臓系もおすすめです。

ちなみに、みんな大好き揚げ物は糖質を多く含んだ衣をつけ、さらに油で揚げるので、高カロリーなメニューのひとつです。

お皿に分けてもらったり、どうしても食べたいという場合は、レモンやお酢をたっぷりかけるなどの工夫が必要です。

まとめ

今回教えてもらったコツは、お酒の席のみならず、普段の食事シーンでも覚えておきたいものばかり。

是非3つのポイントを攻略して、ストレスフリーな外食タイムを過ごしてみてください。