おいしく食べて綺麗になりたい。オートミール生活のススメ

ヘルシーな食材として女性を中心に注目を集めているオートミール。

流行っているのは知っているけれど、意外と食べたことがないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オートミールを普段の食事に取り入れているという、ヨガトレーナーのtsukiさんに、実際にオートミール生活を続けて感じた効果、おいしい食べ方について教えてもらいました。

〜tsuki〜
FiNCアンバサダー
ヨガ講師・パーソナルトレーナー。NYで国際資格を取得し、ライフスタイル含むトータルアドバイスを行う。
保有資格・JYIA ・RYT200 ・NESTA PFT

お腹まわりすっきり! 腸内環境を整えたい人におすすめのオートミール

――tsukiさんは普段どのようにして食事にオートミールを取り入れているのですか?

tsukiさん(以下、T):オーツ麦を食べやすく加工したシリアルのことをオートミールと呼ぶのですが、結構色々な種類が出ていて、私の場合はオートミールを中心に、ドライフルーツやナッツが入った「ミューズリー」として食べることが多いですね。タイミングとしては、手軽に食べられるので朝ごはんとしてよく食べています。オートミールは血糖値の上昇が緩やかとされる低GI値食品でもあるので、そういった面でも朝ごはんに適していますよね。

――栄養面で注目すべき点はありますか?

T:オートミールは鉄分、カルシウム、タンパク質などが豊富に含まれているといわれていますが、特に注目すべきは食物繊維です! その量は、白米の20倍、玄米の3.5倍、小麦粉で作るパンの4倍といわれているんです。食物繊維って、海藻類などに多く含まれる水溶性と、野菜などに多く含まれる不溶性の2種類あるのですが、オートミールにはそれが両方とも含まれているので、腸内環境の改善が期待できるともいわれていますね。ただ、低カロリーというわけではないので、食べ過ぎには注意が必要です。

――実際にオートミールを食べるようになってから何か変化などありましたか?

T:定期的に食べるようになったのは8年前くらいからなんですけど、やはり朝に食べることが多いので、便秘に困ったことがあまりないですね。お通じが良くなったり、腸内環境が整っている感覚があります。見た目的にもお腹まわりがすっきり見えますし、ウエストダウンをしたい人には特におすすめできると思います。

tsukiさんおすすめのオートミール調理法

食物繊維いっぱいのオートミールの魅力を理解したところで、tsukiさんおすすめのオートミールを使用したレシピ例を紹介します。

ヘルシーで朝ごはんにぴったり「オートミールボウル」
オートミールと一緒に、ドライフルーツ、ナッツ、ヨーグルトなどをプラスして食べる「オートミールボウル」は、手軽に食べることができるので朝ごはんにぴったりです。

甘さが欲しい場合は、はちみつやメープルシロップをかけて食べると、GI値も低いのでヘルシーに味わえますよ。

パン粉の代わりにオートミールを投入!「オートミールハンバーグ」
ハンバーグを作るときにパン粉の代わりにオートミールを使用すればヘルシーな仕上がりに。

水分を含ませることで粘着性が出るので、つなぎの役割としてもバッチリです。

ほかにも、パン屋クッキーを作るときに小麦粉の代用として使ったりもしています。

糖質が気になる人やダイエットをしている人には是非試していただきたいですね!

ごはんの置き換えとしてもOK「オートミール粥」
お湯でふやかしたり、お水に浸してからレンジでチンすれば、お粥のようにして食べることができます。

お米と一緒でそのままだと味がしないので、塩や調味料で味付けすると食べやすくなると思います。

オートミールは腹持ちが良いので、ごはんやパンなどの主食の代わりとして取り入れるのもおすすめできます。

まとめ

アレンジ次第で様々な楽しみ方ができるオートミール。

気になってはいたけれど手にしたことがないという人も、腸内環境をすっきりさせたい人も、まずは手軽に始められる朝ごはんから、オートミールを取り入れてみては?