肌荒れ

肌荒れの主な原因は「バリア機能の低下」。肌荒れケア方法をチェックしよう

「肌荒れ」と聞いてまず思い浮かぶのはどんな症状ですか?「乾燥」「ニキビ・吹き出物」「赤み・湿疹(しっしん)」や「毛穴の開きなど」、さまざまな症状があります。実はそれらの肌荒れの主な原因は「バリア機能の低下」だといわれています。肌荒れなどのトラブルから肌を守るバリア機能を高めるために、その仕組みと肌質に合わせたセルフケア方法を伝授します。

<監修>

日比野佐和子先生
日比野佐和子先生
医療法人康梓会Y‘sサイエンスクリニック広尾統括院長・大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授


ひびの・さわこ 医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

目次

あなたの「肌荒れ」はどんな症状?

肌荒れを気にする女性
キメが整い、潤いと弾力のある「健康な肌」に対して、「肌荒れ」とは、肌に何らかのトラブルがある状態を広く表す言葉として使われています。きっとあなたも、「なんとなく乾燥している」時も、「吹き出物ができた」時も、「肌荒れ」という言葉でひとくくりにしているのではないでしょうか?

肌表面のカサつきやゴワゴワ感、荒れた感じや赤み、ニキビや吹き出物、かゆみを伴う湿疹など、肌荒れの症状やお悩みは、本当にさまざま。しかしその「肌荒れ」症状の多くは、「バリア機能の低下」が原因のことが多いのです。つまりどんな肌荒れも、「バリア機能を向上」させることで、症状の改善を目指すこともできます。

肌荒れの原因はバリア機能の低下!お肌の潤いに欠かせない「バリア機能」とは?

肌荒れを防ぐバリア機能が正常な肌と壊れた肌
お肌の「バリア機能」とは、その名の通り、体を守るための皮膚の働きの一つ。この機能が乾燥や摩擦、紫外線や雑菌などのあらゆる外部刺激からお肌を守ってくれているのです。しかし、肌荒れの原因の多くが、このバリア機能の低下。肌荒れを防ぐにはバリア機能を正常に保つことが欠かせません。

バリア機能が正常に働くには、お肌が「潤いで満たされている状態」である必要があります。それでは、どんな状態が「潤いで満たされている状態」なのか、まずはバリア機能の仕組みについて確認しましょう。

私たちの皮膚は、外側から「表皮・真皮・皮下組織」と3つの層に分かれています。この3つの層の一番外側にある「表皮」にある「角質層」がバリア機能を担う層です。

この「角質層」を潤いで満たすために必要となるのが、肌にもともと備わっている保湿成分「皮脂膜・角質細胞間脂質・NMF」です。これらは3つの保湿因子と呼ばれ、肌のバリア機能を司っています。それぞれが持つ機能によって、外部からの刺激による肌トラブルや、肌内部からの水分の蒸発による乾燥を防ぎます。それでは、これら3つの保湿因子の役割をそれぞれ見ていきましょう。
●皮脂膜
肌の表面にあるバリア機能で汗と皮脂が混ざり合ったもの。皮膚をヴェールのように覆い、水分の蒸発や乾燥を防ぎます

●角質細胞間脂質
セラミド、コレステロールなどを含み、水と油に結びつきやすい特徴。その固い結びつきで角質細胞同士をしっかりつなぎ、お肌の中の水分を保ちます

●NMF(天然保湿因子)
角質細胞内にある天然保湿因子。主な成分はフィラグリンが分解してできたアミノ酸で、乳酸・尿素・ピロリドンカルボン酸を含み、水分を取り込んで保持する働きがあり、お肌の潤いをキープするためには一番重要な成分です。

この3つの要素がバランスよく整っていることが、「お肌が潤っている状態」で、肌は弱酸性に保たれており、バリア機能が正常に働く条件となります。しかし紫外線や乾燥など、外部からのダメージを受けて表皮が傷ついたり薄くなったりすると、バリア機能が低下します。すると、お肌の中の水分を保つ力が弱まり、水分が蒸発して乾燥肌になってしまいます。さらに細菌などの外的刺激が内部に侵入しやすくなるため、肌荒れの原因となる様々なトラブルを招いてしまうのです。

肌荒れのケアには、自分の「肌質」を知ることが大切

肌質にあった肌荒れケア
「SNSで高評価だったスキンケア方法を試したけど、あまり効果を感じられない」「友達がおすすめしてくれたスキンケア商品を使ったけど、私にはイマイチだった」という経験はありませんか?それは、人それぞれ肌質が違い、やるべきスキンケアが変わってくるから。

まずは、肌荒れの原因を取り除くために、自分の肌質をしっかり見極めましょう。キーワードは「pH(ペーハーまたは、ピーエイチ)」。pHは、肌を覆う「皮脂膜」が健康な状態であるかどうかの基準になる数値で、そのバランスによってバリア機能が正常に働いているかどうかがわかります。pHは0~14までの数値で表され、中間の数値であるpH7を「中性」として、数値が7よりも小さいと「酸性」、大きいと「アルカリ性」に傾いているということになります。

皮脂膜の水分と油分がバランスよく保たれている理想的な状態はpH4.5の「弱酸性」。これが酸性に傾くと「オイリー肌」に、アルカリ性に傾くと「乾燥肌」に。詳しく知りたい場合はpHを測るスキンケアチェッカーなども市販されていますが、まずは自分の肌の特徴と照らし合わせながら、肌質タイプを確認してみましょう。
肌の常在菌の中でも悪玉である「黄色ブドウ球菌」は、よりアルカリ性を好みます。肌荒れの原因になりやすいので、肌の細菌叢(さいきんそう)の観点からも、肌を弱酸性に保つことは重要です。


<肌質タイプセルフチェック>

●普通肌(pH4.5~6:弱酸性)
 □肌トラブルが起きにくい
 □極端なテカりも乾燥もなく、春夏秋冬通してあまり変化しない

→水分・油分共にバランスがよい状態で、肌トラブルも起きにくい理想的なタイプです。

●乾燥肌(pH6以上:アルカリ性)
 □洗顔後、顔がつっぱる
 □ファンデーションが粉っぽく浮く
 □笑うと目元や口元の小じわが気になる
 □顔全体がカサつきがち
 □乾燥でかゆみを感じる

→顔全体がカサついてつやがなく、メイクのノリが悪いタイプです。刺激に弱く、痛みやかゆみ、赤みなどの炎症が起きやすく、小じわなどに悩まされがち。

●オイリー肌(pH4.5以下:酸性)
 □夕方になると、化粧がくずれる
 □顔全体にテカりがある
 □毛穴が開いて目立つ
 □ニキビや吹き出物ができやすい
 □洗顔後、保湿をしなくても脂っぽくなる

→皮脂の過剰分泌でテカりがちなタイプです。毛穴の開きやつまりが目立ち、メイクもくずれしやすく、ニキビや吹き出物に悩まされることが多くあります。

●混合肌(pH6以上/4.5以下:アルカリ性/酸性)
 □Tゾーンはテカるけれど、Uゾーンはカサつく
 □季節によって肌質が変わる
 □デコルテや背中に大人ニキビができやすい
 □洗顔後、部分的につっぱる
 □夕方になるとTゾーンやUゾーンだけ化粧がくずれる

→Tゾーンはテカりがちでも、ほかのパーツは乾燥しやすいなど、パーツによって悩み・肌質が異なるタイプです。

肌質に合わせた肌荒れケアで、バリア機能を最大限にUP!

肌質に合わせた肌荒れケアをする女性
肌質タイプをチェックしたら、肌質タイプ別に肌荒れの原因を防ぐスキンケアのコツをご紹介します。
トラブルが起きづらい普通肌以外の、「乾燥肌」「オイリー肌」「混合肌」3つの肌質タイプの洗顔やスキンケアについて見ていきましょう。

<肌質タイプ別 スキンケアのコツ>

●乾燥肌……刺激を与えず、たっぷり保湿
乾燥肌は、肌内部の水分が不足してバリア機能が低下している状態。外部からの刺激に対して敏感になるので、あらゆる刺激に注意が必要です。刺激が肌荒れの原因にも。
洗顔は低刺激性の洗顔料を使ってたっぷりの泡で優しく、すすぎは水かぬるま湯で。洗顔後はすぐに化粧水と乳液を!こすらずに手のひらで包み込むよう浸透させます。
<おすすめのお手入れ手順>化粧水+美容液+乳液+クリームやバーム

●オイリー肌……水分と油分をほどよく補給
テカりが気になるからといってゴシゴシと洗いすぎたり、乳液やクリームを塗らなかったりするのはNG!逆にお肌が乾燥してさらに皮脂が分泌されてしまうので、適度な油分と水分の補給がカギ!
洗顔は皮脂を吸着する「クレイ」が入った洗顔料やパックがおすすめ。油分の配合量が多い化粧品は避けるのがベターです。乳液やクリームの場合は薄く重ねるくらいでOK!
<おすすめのお手入れ手順>化粧水+美容液+ジェルなど

●混合肌……パーツごとにお手入れを
パーツによってお悩み・状態が違う混合肌には、乾燥する部分には「乾燥肌対策」を、そしてテカる部分には「オイリー肌対策」と、ケア方法を変えていくことがポイントです。
洗顔は、Tゾーンを最初に洗いましょう。そのあと乾燥しがちなあごや頬はたっぷりの泡で。洗顔後は乾燥が気になる部分から化粧水と乳液、必要性に応じてクリームやバームで保湿を。Tゾーンは、オイリー肌と同じようにケアしていきます。
<おすすめのお手入れ手順>化粧水+美容液+乳液など

肌質のタイプは生まれ持ったものなので、変えることはできません。ただ自分の肌質を知り、そのタイプに合わせたケアをすることで肌の状態は変えることはできるのです。

肌荒れ対策には、インナーケアも大切!いつもの「生活習慣」を見直そう

肌荒れ対策にはインナーケアが重要
肌質タイプに合わせたスキンケアを実践しても肌荒れが改善されないなら、生活習慣に問題があるかもしれません。お肌は体や心の健康状態を表すバロメーター。バリア機能を高めるためには、化粧水などの外からのケアだけではなく、食事・腸内環境・睡眠・適度な運動などのインナーケアが重要です。忙しくて、食事から必要な栄養が摂れない時や、普段よりも疲れを感じる時などは、サプリメントやドリンクなどもうまく使いながら、生活習慣を整えて、肌荒れを改善していきましょう。