コラーゲン

コラーゲンも摂れる鶏肉アレンジレシピ

人の体内に存在するコラーゲンは年齢と共に減少したり機能が低下していったりするため、普段の食生活で積極的に摂取しておきたいものです。食事から摂ったコラーゲンは体内でアミノ酸に分解され、それが元になって新たなコラーゲンが生み出されます。

コラーゲンは皮膚や骨、関節などに存在し、美しさや丈夫さをもたらしてくれます。食品では肉や魚介の骨や筋、皮などに多く含まれますが、今回はその中でも鶏肉に注目し、簡単かつ効率的に摂取できる料理レシピをご紹介します。

<監修>

山田志織
管理栄養士・公認スポーツ栄養士

食品メーカーやヘルスケア企業、スポーツ現場での勤務を経て独立。現在は生活習慣病の予防・改善プログラムに従事すると共に、学生アスリートやスポーツ愛好家への栄養サポートをおこなうなど食やスポーツの分野で活動中。

目次

~コラーゲンは美肌効果だけじゃない~

体内のコラーゲンはその約40%が皮膚に存在していますが、そのほかに骨や関節、筋肉などにも存在するため、最近では丈夫な体を作って健康を維持していくために有効な成分としても注目されています。

骨や関節のコラーゲンが減少したり劣化したりすると骨折や関節炎などの不調を招きやすくなるため、日頃から体内で良質なコラーゲンの合成を促し、強くしなやかな状態を保っておく必要があるのです。

~コラーゲンが豊富な鶏肉の部位~

コラーゲンも摂れる鶏肉
動物の体内も人間と同じように組織が形成されているため、骨や筋、皮などにコラーゲンが存在しています。

中でも鶏肉は他の肉に比べて食べ馴染みがあり、コラーゲンも豊富で手軽に摂りやすいのでおすすめです。
焼鳥屋さんに行くといろんな部位で作られたメニューがみられますよね。

<コラーゲンが豊富な部位>
手羽先、手羽元、鶏皮、砂肝、軟骨

~コラーゲンも摂れる鶏肉アレンジレシピ~

コラーゲンも摂れるレシピ①【鶏手羽のハーブパン粉焼き】


コラーゲン食材といえば骨付き肉
皮や軟骨がついた手羽先や手羽元を上手に活用しましょう。

スパイス類をまぶして焼くだけでも美味しく食べられますが、ビタミン豊富なハーブパン粉でアレンジすると摂れる栄養価がぐんと高まり、体内での働きも活性化されます。簡単な鶏肉アレンジレシピです。
コラーゲンも摂取できる鶏手羽のハーブパン粉焼きの材料
<材料:2人分>
鶏肉(手羽先or手羽元):6本
塩こしょう:適量

ハーブ類(パセリ、バジル、タイム、オレガノ等):適量
パン粉:大さじ3
おろしにんにく:小さじ1
オリーブオイル:大さじ2
コラーゲンも摂取できる鶏手羽のハーブパン粉焼き
<作り方>
① オーブンを180℃に予熱しておく。
② 鶏肉を塩こしょうで味付けしておく。
③ ハーブ類をみじん切りにする。
④ ハーブ類、パン粉、おろしにんにく、オリーブオイルを混ぜ合わせる。
⑤ 鶏肉に④をまぶして天板に並べる。余った④は上からのせる。
⑥ 温めたオーブンでこんがり焼き色がつくまで20分ほど焼く。
※多種類のハーブが用意できなければパセリだけでも美味しく仕上がりますよ。

コラーゲンも摂れるレシピ②【砂肝とアスパラのガーリックバター炒め】


砂肝は鶏の胃の部分。
筋肉でできているためコリコリとした独特な食感が特徴です。

下処理で白い銀皮をそぎ落とすことが多いですが、実はこの部分にコラーゲンが豊富に含まれています。かたさが気にならない方はそのまま残し、薄切りにして使ってみましょう。

砂肝は高タンパク&低脂肪。体内でのコラーゲン合成に働きかける鉄や亜鉛も豊富に含まれています。
仕上げにレモン汁をかければビタミンCも補給され、さらに効果アップが期待できるレシピです!
コラーゲンも摂取できる砂肝とアスパラのガーリックバター炒めの材料
<材料:1~2人分>
砂肝:100g
酒:適量

アスパラ:2~3本
にんにく:1かけ
バター:15g
塩こしょう:適量
レモン汁:小さじ1
コラーゲンも摂取できる砂肝とアスパラのガーリックバター炒め
<作り方>
①砂肝は5mmほどの薄切りにし、酒で軽く揉んでおく。
②アスパラは根元の部分を落とし、食べやすく斜め切りにする。
③にんにくは薄切りにする。
④フライパンにバターを入れて火にかけ、にんにくを炒めて香りを出す。
⑤砂肝を加え、炒めながら火を通していく。
⑥アスパラを加えて軽く炒め合わせ、塩こしょうで味を整える。
⑦火をとめ、仕上げにレモン汁を回しかける。
※砂肝は薄切りにしてからさらに数か所切り込みを入れておくとより食べやすくなりますよ。

~まとめ~

鶏肉といえばムネ肉やササミでタンパク質を摂取し「筋肉量アップ!」というイメージがありますが、丈夫な筋肉を支えるには強くてしなやかな骨や関節が必要です。

ケガや痛みは起こる前から予防することで将来的な健康管理につながります。
いつまでも元気で活き活きとした生活を送っていくために、日々の食事では栄養バランスとともに、レシピを活用しながらコラーゲンの摂取も積極的に意識していきましょう。