セラミド

セラミドを「飲む」サプリメントや美容ドリンクがおすすめな3つの理由

セラミドを美容ドリンクから摂取する女性
肌のバリア機能を担う角質層で水分を保持するセラミドは、潤いに満ちた肌には欠かせない成分です。しかし、日々の生活習慣やスキンケアによって外に流れ出てしまいやすい性質もあります。
失われたセラミドを補うためには、内側からアプローチするセラミド入りのサプリメントや美容ドリンクがぴったり。毎日継続しやすい「飲む」セラミドケアをおすすめしたい理由を3つご紹介します。

<監修>

日比野佐和子先生
日比野佐和子先生
医療法人康梓会Y‘sサイエンスクリニック広尾統括院長・大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授


ひびの・さわこ 医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、基礎研究から最新の再生医療の臨床に至るまで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

目次

セラミド入りのサプリメントや美容ドリンクなどで、インナーから潤いケアを

潤い肌を目指すなら、セラミド入りの化粧水や美容液など「塗る」方法を選ぶ人も多いでしょう。
でも最近は、セラミド入りのサプリメントや美容ドリンク、パウダーなどを飲んで、内側からアプローチできるアイテムも増えてきています。

セラミドが潤い成分として活躍するのは、肌の外側である「角質層」。飲んで摂り入れた時にしっかり角質層まで届くのか、不安になる方も多いかもしれません。

でも実は、乾燥した肌を土台からみずみずしい肌に導くには、サプリメントなどの「飲む」ケアがとても有効なんです。

日々の生活習慣や食事、毎日のスキンケアの方法などからセラミドを保持するためのポイントを知ると、きっと「飲む」セラミドケアが試してみたくなりますよ。

そもそも「セラミド」ってどんなもの?

肌の一番外側にある角質層に、セラミドは存在します。角質層は、0.02mmほどのとても薄い層ですが、ここで肌の水分を保持し、外的刺激から肌を守る「バリア機能」を担っています。

角質層はレンガとセメントで作られた壁のように多層構造になっています。
レンガにあたるのが「角質細胞」。それらをしっかりつなぎ止めるセメントのような役目をする成分が「細胞間脂質」です。角質の潤いの約8割は細胞間脂質が担っているといわれています。
この細胞間脂質の主成分で、約50%を占めるのがセラミドなのです。

セラミドが潤い肌に欠かせない理由

セラミド豊富な健康肌とセラミド不足の乾燥肌
細胞間脂質がセメントのようにしっかり角質細胞をつなぎ止めていると、隙間がなくなるので外部からの異物は入ってくることができなくなり、バリアとして機能します。
しかしセラミドが少なくなることで、角質層に隙間ができて外部からの異物が肌内に入ってくる上、肌内部の水分も蒸発して乾燥し、敏感な肌になってしまいます。

セラミドと水分は交互にサンドイッチ状の構造をつくって細胞の間を満たしており、セラミドに挟み込まれた水分は湿度が0%になっても蒸発しないといわれているほど。この仕組みのおかげで、湿度の低い真冬でも肌の水分が保持されているのです。

サプリメントでセラミドケアがおすすめな理由① 外部刺激によって失われやすいセラミドを内側から補える

外部刺激を受けた肌を触る女性
潤い肌には欠かせないセラミドですが、肌の一番外側の角質層で活躍する成分だからこそ、外部からの刺激に弱いのも事実。
では、どんな刺激がセラミドにとってNGなのでしょうか。

●クレンジング剤や界面活性剤
例えば、肌に負担が強過ぎるクレンジング剤を使ったり、強力な界面活性剤が多く含まれる化粧品やファンデーションなどをたっぷりつけたりするなど、間違ったスキンケアをすると、セラミドが外に流れ出てしまいます。

●38℃以上の熱いお湯
熱いお湯による洗顔にも要注意。38℃以上の熱いお湯で洗顔すると、角質層を膜のように包んでいる皮脂が溶けて、セラミドが外に流れ出てしまうことに。

●力強いゴシゴシ洗顔
毛穴が気になるからといって、ゴシゴシと摩擦を起こして洗顔するのもNGです。肌のバリア機能が壊れてしまい、セラミドが失われる一因になります。


このように、せっかく美肌を目指してスキンケアをしても、間違った方法でケアをすることで逆にセラミドが減ってしまうこともあるのです。

失われたセラミドを補うために外側から塗るセラミドケアによって補っても、汗や水で流れ落ちてしまうことも考えられます。
その点、内側からアプローチするサプリメントなどの「飲む」セラミドならば、外部からの影響に邪魔されることなく、角質層まで潤い成分を届けることができるのです。

サプリメントでセラミドケアがおすすめな理由② 顔だけではなく全身の乾燥にアプローチできる

気象庁「ヒートアイランド監視報告」(平成24年7月)湿度が20%下がっている
出典:気象庁「ヒートアイランド監視報告」(平成24年7月)

年々悪化する環境問題。ヒートアイランド現象の影響で、気温の上昇や大気の乾燥も確実に進行しています。全国の主要都市の気温や湿度を長期観測したデータによると、大気中の湿度がかなり低下していることが分かります。東京を例に、90年前の1931年から2011年を比較すると、なんと約20%も湿度が低下しているのです。

大気の乾燥が進めば、おのずと肌の乾燥も気になってきますよね。特に湿度が低下する冬場は、大気に触れる顔の肌だけではなく、全身の肌の乾燥が問題になってきます。

肌の潤いを守るバリア機能は、顔だけではなく全身の肌にくまなく存在しています。セラミドの減少がバリア機能を低下させ、それに伴って肌の乾燥・肌荒れを引き起こすことが知られており、アトピー性皮膚炎や乾燥性皮膚疾患を引き起こす原因にもなっています。

特に乾燥が気になる部位としては、

  • 粉が吹きやすい腕、すね
  • ケアがしにくいひじ、かかと
  • 手が届きづらい背中、腰
  • 意外と見られている首元


などがあります。特に、すねは全身で最も角質層のセラミド量が少ない部位で、老人性乾皮症(かんぴしょう)が起こりやすい部位です。セラミド不足が進行すると、外部からの刺激物が角層のすき間から肌の奥まで侵入して炎症を引き起こし、かゆみや発赤などの症状を引き起こしてしまうこともあります。

このような部位のバリアをしっかり機能させ、全身の潤いを目指す場合、体中にセラミド入りの化粧水や美容液を塗布するのが理想ですが、手が届きにくい場所などもあるため、全身の隅々にまでいきわたらせることはなかなか難しいもの。

そんな時は、セラミド入りのサプリメントや美容ドリンクなどで内側からアプローチするのがおすすめです。飲むだけで全身の角質層にしっかり成分が届くため、細部まで潤いを実感できる肌に導いてくれます。

サプリメントでセラミドケアがおすすめな理由③ 毎日手軽に摂れる

セラミド入り美容ドリンクを持つ女性
体の内側から潤い肌を目指すために、食べ物からセラミドを摂る方法もあります。

セラミドが多く含まれる食べ物の代表が「生いもこんにゃく」。セラミドは1日0.6mgを毎日継続して摂取すると保湿に効果があるといわれており、生いもこんにゃくの場合は、半分〜1枚(約100グラム)を毎日摂取するのが望ましいといえます(商品によって異なる場合があります)。
さらに、生いもこんにゃくには食物繊維も豊富。便秘を防ぎ、美肌をサポートする効果もあるのです。

美容にとってうれしい食材の生いもこんにゃくは、スーパーなどで比較的手に入れやすいのも利点です。しかし、毎日継続して食卓のメニューに取り入れるのは少し難易度が高いもの。
こんにゃくはお腹にたまるので、これだけで満腹になり、他の栄養が摂れない……なんてこともあるかもしれません。

無理なくセラミドを摂るためには、セラミド入りサプリメントや美容ドリンクなどがおすすめ
飲みやすい錠剤やパウダー、食事を邪魔しない量のドリンクなどに加工されていることが多いので、自分のライフスタイルに合わせて、毎日継続して摂ることができるでしょう。

まとめ

外側からのアプローチとして化粧水や美容液などを塗る方法や、内側からのアプローチとして食べ物から摂る方法、そしてサプリメントなどで手軽に効率よく摂れる方法など、様々なセラミドケアがありますが、何より大切なのは、継続したケアを行うこと。

セラミドは、毎日継続して摂ることで乾燥肌を予防し、潤いを持続することが可能になると考えられます。ぜひ手軽に続けられる方法を見つけて、みずみずしい美肌を目指してくださいね。