腸は夜動く!本気の腸活は"ナイト腸活"にシフト!

提供元:anan

便秘知らずの〝快腸〞になるには、良質な睡眠をいかにとるかが鍵。「深い睡眠を得るには、自律神経の副交感神経が優位な、リラックスモードに切り替える必要がありますが、胃腸の消化吸収や排便時のぜん動運動が促進するのも、腸の副交感神経が優位な時です」(ナイトケアアドバイザー・小林麻利子さん) 副交感神経が優位な状態で眠りにつくと、朝目覚めた時、一日で最大の腸のぜん動運動が起こりやすい。
「ここで排便すれば、すっきり残便感のない理想の便が出せます。この大きなぜん動運動を起こすには、十分深い眠りが得られ、消化器官もしっかり休み、機能が修復されていることが重要なんです」(小林さん) だからこそ、眠る前の〝ナイト腸活〞が効果的というわけ。副交感神経を優位に導く夕食、光、寝巻きや室温など、身の回りの整え方とともに、呼吸整体師の森田愛子さん直伝、頭とお腹まわりを緩める体操もプラス。新年を〝快腸〞に過ごして。

小林 麻利子(こばやし まりこ)さん
小林 麻利子(こばやし まりこ)さん
ナイトケアアドバイザー。著書は『あきらめていた「体質」が極上の体に変わる』(ダイヤモンド社)など多数。
森田 愛子(もりた あいこ)さん
森田 愛子(もりた あいこ)さん
呼吸整体師、鍼灸師。近著にDVD版『睡眠疲労をリセットする 深呼吸のまほう』(ワニブックス)がある。

食べたいモードが暴走!
夜の買い物は我慢して、腸をしっかり休ませる。

 腸を休ませるためには、睡眠前の食事の時間と量のコントロールが必須。翌朝に食欲がなければ、胃腸の機能修復ができていない証拠なので、夜の食事の量を減らすか、時間をもっと前にする必要が。

 また、危険なのが、空腹時に夜に開いている食料品店で買い物をすること。必要以上に買ってしまいがちだし、店内で夜に明るい照明を浴びてしまうことで、リラックスモードと正反対の活動モードに変わってしまうので、腸活のためには避けたほうが無難。

睡眠環境を徹底演出。
ストレスフリーで心も腸もうっとり気分に。

脳が不快な感覚を察知すると覚醒モードの交感神経が優位になり、良質な睡眠は妨げられる可能性が。わずかな皮膚感覚が及ぼす眠りへの影響は大きいので、睡眠時の皮膚感覚に一番関わる寝巻きを厳選。

肌触りの良い素材は、副交感神経を優位にするという研究結果もある。ガーゼ素材など、できるだけ柔らかい質感のものを選ぼう。タグや縫い目が肌に当たらないかなど細部もチェックすべき。また、肌に触れる枕や寝具も〝うっとり〞できる素材を吟味して。

寝ている間も侮れない!
腸の活動をサポートする、室温、湿度をコントロール。

質の良い睡眠の指標となる、ノンレム睡眠(脳の休息状態)が増える気温は16〜19℃で、湿度は50%台が理想とされる。冬場、寝ている間に室内の温度は下がり、乾燥しやすいので、エアコンと加湿器で上手にコントロールしたい。

 また、深部体温が下がれば眠りも深くなるので、放熱しやすいよう寝る前に手足をポカポカに。なお、寝る直前の筋トレなどハードな運動は厳禁。体温が下がりにくくなり、寝つきや寝起きを悪くする可能性があるので要注意。

日中硬くなったお腹を解放。
おやすみ前の深呼吸体操は、深い睡眠に誘う儀式。

 デスクワークが多いなど、日中同じ姿勢をしている時間が長い人ほど、お腹まわりが硬くなっているもの。また、ストレス過多な仕事が続くと呼吸は浅くなり、からだがカチカチの緊張状態のまま寝てしまい、質の悪い睡眠となる。

 そこでおやすみ前の習慣にしてほしいのが、呼吸整体師・森田愛子さん考案の深呼吸体操。うつ伏せになって脚を揺らすだけで、お腹まわりの緊張状態が緩まり、理想の呼吸ができるように。副交感神経が優位になり、腸も大喜び!

うつ伏せになり、顔は楽な方向に向ける。肩が上がらない程度に両肘を曲げ、手は顔の前あたりに置く。足の幅を軽く広げ、両膝は軽く曲げ、そのまま左右どちらかにパタンと倒す。床までつけず、骨盤(前の腰骨)が浮かない程度に倒して。

そのまま逆側に、振り子のように足を移動。ゆっくりした一定のスピードで規則的にパタン、パタン、と左右に揺らす。足首、足指も楽にして、肩肘を張らないこと。自然な呼吸を続けながら同じペースで繰り返し、続けたいだけ続けて。

■非刺激性成分の酸化マグネシウム配合
痛くなりにくく、クセになりにくい
便秘薬/コーラックMg

コーラックMg

第3類医薬品第3類医薬品
【効能】●便秘●便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔
この医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ、
「使用上の注意」をよく読んでお使いください。

酸化マグネシウムが腸に水を集め、
便をやわらかくすることで、カチカチ便の方にも効きます。

くわしくはこちら

おすすめ記事