みんなの便秘事情「いつものことだから…」と
あきらめないで!
悩める便秘にハーブの力でアプローチ

提供元:「からだにいいこと」2018年8月号

やさしい効き目のハーブでスッキリ!

”腸にいいこと”を意識しても、運動不足やストレス、食生活の乱れや環境の変化など、便秘の原因やきっかけをすべて取り除くのは難しいもの。からだにいいこと読者にアンケートを実施したところ、便秘で悩んでいる人が約1/4も! その中には、食事や運動などを試しても効果がでず、「いつものことだから……」とあきらめてしまっている人もいるかもしれません。そこで〝ハーブの力〞。「便秘薬は効き過ぎる気がして」と敬遠している人も、穏やかな効き目のハーブなら、自然に近いお通じを促してくれるはず。便秘に悩んでどんよりしているなら、ハーブの力をかりてスッキリするのもありかも。

からだにいいこと読者の“便秘事情”391人にアンケート!

便秘は美容・健康の大敵ということもあり、意識して便秘対策をしている人が多数。
その反面、効果がはっきり実感できないと感じている人も多いという結果に。

  • Q1 排便は週何回ありますか?

    排便は週何回ありますか?回答グラフ

    日本内科学会では、「3 日以上排便がない状態、又は毎日排便があっても残便感がある状態」を便秘と定めています。毎日出ているようでも、残便感があるようであれば、それは便秘の可能性が。今回の結果では、約4 割の人が毎日スッキリでているものの、便秘の可能性がある人が2 割以上いる結果に。

  • Q2 便秘で一番つらいことは何ですか?

    便秘で一番つらいことは何ですか?回答グラフ

    便秘でつらい思いを経験したことのある人にその理由を質問。中には「お腹がぽっこりし、体重が1、2kg 増え、ガスがたまり苦しく、気持ち的にも焦る」といった、1 つだけは選べないという回答も。

  • Q3 便秘解消のために習慣にしていることは?

    便秘解消のために習慣にしていることは?回答グラフ

    多くの人が日常的に便秘対策をしているという結果に。また、Q1 で「週2回以内、又は週3 回以上でるが残便感がある」と答えた人の8 割以上が、便秘対策をしながらも、なかなか解消できていないことがわかりました。

  • Q4 Q3の習慣に効果を感じていますか?

    Q3の習慣に効果を感じていますか?回答グラフ

    6 割以上の人が、その効果を感じているよう。その一方で、4 割近くの人が「これだ!」と思える自分にあった習慣がまだ見つからず、模索中といった様子。中には複数のことを組み合わせながらも「どちらともいえない」と回答している人も。

あきらめかけた“便秘”にこれ!

2種類の生薬で穏やかに効く♪
“コーラックハーブ”

コーラックハーブ

穏やかな効き目の生薬を配合した“コーラックハーブ”。腸のぜん動運動機能を改善させる生薬が自然に近いお通じを促します。飲みやすい小さな錠剤で、生薬特有のにおいや味も気になりません。効果の目安は服用後9 ~ 12 時間
※。一晩で穏やかな排便を促します。
※効き目には個人差があります。

センノシドの作用をサポートする
“甘草エキス末”

便秘薬を飲むと、腸が収縮しすぎてお腹が痛くなることがあります。これを抑えて、痛みをやわらげてくれるのが甘草エキス。センノシドの作用をサポートするはたらきがあります。

甘草

腸のぜん動運動機能を改善させる
“センノシド”

センナという薬用植物に由来する成分。腸のぜん動運動を正常に改善させます。腸の運動が低下している弛緩性便秘に効果的。大腸を刺激し、腸の運動を活発にして排便を促します。

センナ